住宅ローン

日本のバブルがはじけた頃、私の経営している仕事は順調でした。

仕事場は狭くなっていたので、事業拡張のようなノリで新しい仕事場兼自宅を購入する事にしました。

今住んでいる角地の職場兼住宅を売却したお金では足りずに住宅ローンを銀行に申し込みました。

審査になかなか通らなくて仕事でお世話になっているパチンコ店の専務に推薦状を書いてもらってなんとか審査が通って、角地の物件を購入しました。

私は人財産築いた気になって、とてもいい気分でした。

しかし、ローンの金額がプレッシャーになり、夏場はクーラーの設定温度をなるべく高くしたり、職場でみんなはスーツ姿なのにランニング姿で仕事をしたりしました。

それでも趣味のゴルフは辞められずに仕事の付き合いだからと言い訳をしてみんなが仕事をがんばっている中ゴルフを楽しんでいました。

みんながこんな金に汚いダメな私の仕事を安い収入で手伝ってくれている事を再認識して胸がジーンと熱くなりました。

自分を変える良いきっかけになりました。